詐欺師を捕まえないくせに、冤罪のになるような事実無根の逮捕とかはする警察って何なのだろうか。

詐欺師を捕まえないくせに、

冤罪のになるような事実無根の逮捕とかはする警察って何なのだろうか。

 

こんにちは。

 

この前、はじめて刑事裁判を傍聴してきました。

細かい事を書きすぎると、

揚げ足を取られて、訴えられたりする可能性も否めないので、

 

本当は名前を公表した上で、

意見を述べたいのですが、

おそらくそれは「やりすぎ」の領域に突入してしまいそうなので、

差し控えますが、

 

この事件ぼんやりどんな事件かと言うと、

 

・とある詐欺師を監禁したという事件です。

 

「詐欺師」とかいうと加害者っぽいですけど、

 

「詐欺師を監禁した。」

 

という事なので、

 

この詐欺師は、この刑事裁判では、被害者になっています。

もちろん

 

「詐欺」というか害をした人物が、

「詐欺」によって金品を奪われた被害者達に、

監禁されたという事件です。

 

たとえば、泥棒がいたとして、

その泥棒をぶん殴ると、

 

「泥棒だからと言ってぶん殴って良いという話ではない。」

 

みたいなお話ですね。

 

だけど、この某監禁事件って、

ある事がちゃんとしていれば、

こんな監禁事件起こらかったってのがあります。

 

もちろんそれは、

 

警察

 

です。

 

加害者となってしまいましたが、

この詐欺師から被害を受けた人たちは、

 

警察に被害届を出そうにも、

警察が取り扱わない訳です。

 

合計すれば数千万円の被害は出ていて、

被害者も複数いる。

 

実際、この人物は監禁された後、

詐欺の拠点を別の地区に移し、

再び、詐欺をはたらきました。

 

何故、野放しにしているのかが分かりません。

 

被害者が増えているのに、

被害も警察に何人もが訴えているのに、

 

警察はこの事件を取り扱いません。

 

その結果として、

こういう被害者が加害者を監禁するという事件が起きた。

 

それだけなんです。

 

正直なところ、

この事件は、

 

警察の怠惰によって、

起こってしまって不要な事件。

 

だって事です。

 

だって、被害届を出した初めに、

警察が動けば、そこから後の被害者も生まれていないし、

 

この監禁事件そのものが起こらなかったので。

 

それでも、警察はこの詐欺師を野放しにしています。

 

「疑わしいものは罰せられない。」

 

ってのは分かります。

なのに、冤罪的な事が起こる逮捕とかはするくせに、

 

実際、お金をとられて

戻ってこない詐欺事件に関しては、

証拠があっても動かないという。

 

なんなのでしょう、この国は。

 

そして、そんな詐欺師は、

今度は人には謝りもしなければ、

金も返さないってのに、

 

慰謝料だの、転居費用を

請求しているみたいです。

 

まずは、詐欺で金をまきあげた人間に対して、

慰謝料を支払うべきでしょう。

 

まあ、性根が腐ってるから

詐欺師なんてできるのでしょうけど、

 

そういう輩が世の中には

存在するって事ですね。

 

別観点から見れば、

 

「疑わしきは罰せず」

 

と同じで、

 

「ちょっとでも怪しいと思ったら、付き合わない。」

 

ってのが、

 

そういう詐欺から被害を

受けない方法とも言えますね。

 

まあ、人間の脳は、

詐欺に遭う仕組みのようになってますので、

 

気を付けても、

なかなかそう簡単に、

回避できないってのも

あるんですけどね。。。