読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

訴訟を起こすために再度時系列的にまとめてみる。

訴訟を起こすために再度時系列的にまとめてみる。

 

ある証拠が1つどうしても手に入らなかったため、

時間が結構かかってしまいましたが、

実際に筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)が、

詐欺・横領、その他不法行為をはたらき、

姿を消したのが、2016年の8月半ばあたりでしたから、

そろそろ出すものを出して、

 

しっかり白黒をつけようと思います。

そして、こういう件で、加害者の癖に被害者ぶる人物って、

大体依頼する弁護士に、自分の都合の良い事だったり、

嘘のような事を伝えている可能性が強いので、

 

私自身、弁護士に言いたい事があります。

私がここに書いている事と、

 

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)が、

弁護士のあなたに伝えている事。

本当に同じ内容になっていますか?

 

もし、違う内容であるのであれば、

弁護士側から、筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)に、

それらの話が事実であるかどうかを確認してください。

 

実際、筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)本人は、

「一切嘘をつかない誠実な人間だ。こんなに誠実な人間は他にいない。」

ぐらいに主張してきましたが、

 

後々調べてみると、9割型が嘘の内容ばかりでした。

 

おそらく調べのついていない内容も、

嘘である可能性があります。

 

それらの内容も嘘の内容だとすると、

私に話を持ち掛けてきた内容の話も

嘘の内容を用いて契約させたことになるので、

ここについても違法行為です。

 

そもそも

「自分は過去に詐欺などの事件で逮捕されたことがある。」

 

ということを隠して、様々な案件に契約させた時点で、

相当の嘘をついたということにはなると思います。

 

そして、その交わした契約の内容もまったく、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)は逃亡したので、

これは不法行為と断定して良いと思います。

 

そもそも筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)が

「後は顧問弁護士に。」

と連絡が来てから、

こちらがその某顧問弁護士に要求したことを、

某顧問弁護士が何も対処せずに、

今に至っているので、

 

これは、筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)は、

不法行為を犯し、そのまま逃亡したと

理解してもおかしくないはずです。

 

ちなみに、そこの対応をその某顧問弁護士がしていれば、

こうやってインターネット上で、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)の事を

私は公表する事はありませんでした。

 

弁護士ぐるみで、不法行為を何もなくもみ消しにしたその悪質な事件は、

一般人にはどう対応しても分からない位悪質だと思い、

被害の情報をすべて公表する事にしました。

 

案の定、その後も被害者は残念ながら増えてしまったようで、

そこに対しては、何度も私もそうだし、ほかの被害者もそうですが、

警察に行ったにもかかわらず、警察は筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)を、

野放しにし、その間にも被害者が増えているのですから、

憤りがおさまらないのが正直なところです。

 

警察は被害が億を超えないと、動かないのでしょうか。

 

すでに被害者全員の被害額を合計すれば、

1000万円は確実に超えているはずです。

それでも警察は動きません。

 

法的に、一般人が感情的に裁くことは禁じられていることは

理解しているのでそういう事をするもりはありませんが、

言いたい事は言わせてもらおうと思います。

警察も弁護士も何故、

そんなに加害者にやさしい奴ら

ばっかりなのかが信じられません。

 

この件で勉強になったのは、

 

日本という国は、

加害者に優しい国だという事です。

 

被害者には「被害を受けたお前がバカ」ぐらいの事を言ってきます。

実際、私自身警察に行ったとき、

はじめに警察に言われたのはそのような言葉です。

 

見方変えれば、

「日本では詐欺まがいの事は許されてるんだよ、バカ。」

 

と言われたような気がしてなりませんでした。

凄い国ですね、日本。

 

 

ルールを守っている側が損をして、

ルールを破っている人間が得をする。

 

とんでもない国です。

 

であれば、今はインターネットは誰でも使える時代ですから、

ルールを守って損している側も、

情報をシェアし合って、出来ることをするまでだと思います。

 

なので、私が受けた被害の一部始終を、ここに公表します。

 

1:撮影スタジオの共同経営の話で、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)の事務所に行く。

 

→実際話の内容も、横領を隠蔽するような契約内容のように思えたが、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)を知るもの、被害を受けた人間は分かると思うが、

話がごちゃごちゃして、何を言っているのかわからなくなるようなやり方で、話を強引に進めるので、だんだん催眠術にかかったかのような状態に陥る。

 

◇で、持ち掛けてくるのが「株式会社設立」の話で、

これが何を狙っているのかは正直なところ分からないが、

 

そこでまたいつものように話をごちゃごちゃにして、

最後に「自分は取締役をやらずに一旦〇〇という形で。」

みたいな訳の分からない話をしてくる。

 

これは、おそらく「取締役が出来ない」何らかの理由を隠すためなのだろう。

今となってはなんとなく予想はつくが、その時は「怪しい」とは思うが、

よく分からないが、なんか詐欺師特有のテクニックなのか、

催眠術にかかったかのような感じになって、最終的には

「契約書を交わせば騙される事は無いだろう。」

 

という事に落ち着いてほとんどの内容に契約をすることになる。

基本的に、はじめから怪しいとは思っていたが、

無理やり契約するような話に持っていくので、

どうしようもできない。そもそもその時点では

「怪しい」というだけなので、

 

「お前詐欺師だろ」などと言うのも失礼だし、

「まさか、前科のある詐欺師が目の前にいる」

とは思わず、契約を結ぶ。

 

しかし、法的でなかったとしても、

まず言ったことを守らないのというか、やり口が卑劣。

 

どれだけここに、感情的な事を書きたい事か。

まあ、そんな事を書けばそれこそ名誉棄損だの

プライバシーの侵害だのとやってくるので、

心のうちに留めるが、

とにかく卑劣極まりないという事だけは書いておく。

 

それは何かというと、

 

「人間の良心的な部分を利用して、詐欺・横領行為を繰り返す。」

 

という点だ。これらを行っている人間がギャーギャー騒ぎ立てて、

コチラが名誉棄損だのプライバシーの侵害だので訴えられて敗訴でもして、

 

詐欺・横領をしている卑劣極まりない人間が、

さらに得をするような事をこの日本という国がするのであれば、

どうぞ、やりたいだけやってください。と本気で思っている。

 

人権であったり、自由であったりを

どれだけ日本という国が現在履き違えているのかという事実を

確認してみたい気持ちもある。

 

こちらは何もしていない人間の名誉を棄損もしなければ、

プライバシーの侵害をする気もない。

 

卑劣極まりない、詐欺師が、以前逮捕されたにもかかわらず、

再び悪事をはたらき、被害者も被害も拡大しているから、

こうやって書き続けているだけだからだ。

 

それこそ、警察はその悪人を捕まえて、

世の中を秩序と平和をもたらすべきで、

何もしないというのは本当におかしな話だ。

 

まず、契約書には「約束を破った時には損害賠償を請求できる」

というような1文が書かれている。

この契約書は、筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)本人が作成した契約書だ。

 

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)本人は顧問弁護士に任せ、

その顧問弁護士から連絡が来なくなったのだから、

 

これは契約書の内容を守らず逃げたという事で、

不法行為にあたると見て良いだろう。

 

ちなみに、契約書に関しては、

 

1:撮影スタジオAの設立・経営

→何もやってないので、詐欺と主張しても良いだろう。

2:新しいスタジオBの設立・設立

→これも何もしていないので詐欺と主張しても良いだろう。

3:アパレル関係

→これに関しては別の会社も絡み、話の内容がややこしくなるが、

実際のところは何も起こらず、詐欺だったのか何だったのかはよく分からない。

4:A〇azon関係の話。

これは完全に詐欺。被害に対しても早急に回復すると約束したにもかかわらず、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)は逃げたので、

不法行為であることは間違いない。

 

これらが「契約」に関わる内容だが、

私がそれらに関して筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)に振り込んだ金額を、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)が全額ではないにしろ、

横領したという事を疑ったら、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)は逃亡した。

 

ここに関しては、筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)の

顧問弁護士自体が、

 

「横領はしたと思いますよ。」

 

と言っていた。正直なところ驚いた。

顧問弁護士本人が言うのだから。

 

後々になって、なんとなく分かったのだが、

この顧問弁護士は、筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)が、

詐欺・横領のような事をする人物であることを

知っている上で、顧問弁護を引き受けていたのだろうと。

 

この顧問弁護士がどういう弁護士なのかは私はよく分からないが、

前科についても知っていたし、偽名を使っている事も知っていたので、

ほとんど知っているうえで、顧問弁護を引き受けていたのだろう。

 

ただし、その顧問弁護士が私に言ったのは、

 

「金の貸し借りの問題でしょ?」

 

と言ったので、

 

「嗚呼、金さえ返せば良い。みたいな話になっているんだな。」

 

という事になったが、私はその顧問弁護士に、

 

「いいえ、金を貸したのではないので、まだ被害のすべてが回復されていない。」

とも伝え、

 

まず、筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)が横領をしたかどうかの事実を回答しろ。

と要求したのに、

 

「金の貸し借り」に話をすり替えて、

被害の金額よりも少ない金額をこちらに振り込み、

問題をもみ消そうとした。

 

現在、実際に動いたお金で

被害が回復されていない金額が、

 

約80万円程あり、これがまずもみ消されている。

 

そして、詐欺・横領等によって、

契約上、損害賠償を請求して良い額が、

ここに加算される。

 

実際、500万円以上の金額をこちらは振り込み、

その全額ではないにしろ、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)は、

着服したのだから、これは横領に当たるはずだ。

 

会社のお金を盗んで、自分の私生活に使ったのと同じだ。

 

訴訟を起こして、裁判が終わったら、

地域の警察署では相手にされなかったので、

警視庁に行って、被害届を出す予定だ。

 

そこまでやろうかどうかは悩んでいたが、

あまりにも、私以外にも被害者が複数いる事と、

現在も新たな被害者が増えてしまっている事。

 

これをどうしても食い止めたい。

 

そのためには、もう一度刑事罰の線で進めるように

チャレンジできることをしようと思う。

 

以前よりも、筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)という人物が、

どれだけ悪質で危険な犯罪者であるかが分かってきたからだ。

 

1日でも早く、解決させたいが、

やはり詐欺の案件というのは、時間がかかる。

目に見えないものだからだ。

 

とは言え、やっぱりインターネット上で、

被害者達の情報が共有されていけば、

問題が解決する可能性は高まるのは間違いない。

 

そもそも、私自身、

今みたいに名前を入れて検索して、

その人物が、過去に詐欺や横領をはたらいていた情報が出てくれば、

さすがに、そのような人物に1円たりとも振り込む事もなければ、

1秒たりとも時間を割くこともなかった。

 

 

この事件に関わってしまった以上、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)本人の詐欺や

その他不法行為も阻止したいのもあるけど、

こういった形の類似した犯罪行為も抑制できるような

情報をここに書いて提供する事が、

 

世の中的にも平和になるだろうと信じて、

情報を書き続けることにしたい。

 

現時点でも、

一般人が訴えられたり、

違法性阻却事由などについての情報で、

 

役に立ったというメールも頂いたので、

そっちはそっちで

役に立ってくれて非常に嬉しいです。

 

悪質な詐欺師を、撲滅して

健全な社会をつくりましょう。

 

それでは、今回まとめた内容を元に、

訴状を作成したいと思います。

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)にお金を支払うという事は、どういうことなのか。

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)にお金を支払うという事は、どういうことなのか。

 

こんにちは。最近、筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)関係の事で、

多くの方達から連絡を頂いたり、

情報を提供していただいたりすることが増えてきました。

 

それらを総合的に考えてみると、

 

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)は、

予想していた以上に、本物の詐欺師であり、犯罪者である。

 

という事が分かってきました。

 

手口に関してだったり、

その他諸々に関しても

大分分かってきたことが増えました。

 

それらを今回はまとめたいと思います。

 

1:物件を借りさせて詐欺・横領をはたらく

 

実際は、この系統で詐欺をはたらくことが多いようです。

大体は、「撮影のスタジオの共同経営」話をもちかけてきます。

私も実際にこの話はありました。

 

まだはっきりはしていませんが、

私が筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)から

それらの話を持ちかけられたときは、

渋谷に撮影スタジオがあったのですが、

ここ最近、渋谷のスタジオはなくなりました。

 

そして、これもはっきりしていませんが、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)は、何かの問題があって、

渋谷では活動出来なくなったとも噂されています。

 

実際に渋谷の撮影スタジオは当初何件あったかは知りませんが、

今年、すべての撮影スタジオがなくなりました。

このあたりの話は私はあまりよく知りません。

 

ただ、詐欺被害掲示板の方で

「ギャラが支払われなかった。」というような話も出ていたので、

予想できることは、誰かを騙してタダ働きもしくは、

給料を約束通り払わないなどして、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)が

横領をしていたケースは高そうです。

 

こうやって、筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)の

悪事を公表している事で、

他に騙された被害者の方達が、

気づいたのかどうかはまだ分かりませんが、

渋谷の撮影スタジオがなくなったのは事実です。

 

そして、現時点で

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)が

やっている撮影スタジオのリンクを貼ります。

 

本音を言わせてもらうと、

利用者の方もこのスタジオを利用するのは

やめていただきたいです。

なぜかというと、そのお金は、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)が詐欺行為を働くための

活動資金になってしまっているからです。

 

現時点で、これだけ被害が出ているのに、

(私のところに集まっている被害の話の被害額を合計すると相当の額になります。)

 

警察が動かない。正直なところ国で詐欺師を

斡旋しているんじゃないかぐらい頭に来ていますが、

実際は、この国はそういう国みたいですし、

 

弁護士も、金さえもらえれば、

詐欺師でも弁護する輩もいることも分かったので、

 

もう自分の身は自分で守るしかありません。

 

その為、こうやって情報を公表して、

新たな被害者が生まれない様に、

努力はしていますが、

どのくらいの効果があるかは分かりません。

 

ただ、掲示板に書き込んだことなどにより、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)から被害を受けている人間は、

相当数いることは分かりましたので、

これだけでも、被害者の方達にとっては

何かの力になると思いますし、

 

決して、筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)に騙された人間は、

一人ではないので、泣き寝入りする必要はないです。

泣き寝入りすれば、詐欺師たちの思うつぼです。

 

しかも、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)は、

数年前に億単位の詐欺事件で、逮捕されている前科者ですから、

何か警察の動けるようなところまで、事件を持っていければ、

初犯ではなく、似たような事件を

再度繰り返し続けている訳ですから、

 

次逮捕されて、刑事罰的なものを受ければ、

相当の年数の実刑判決が出るのではないだろうかと思います。

 

一番は、筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)が、

そういった犯罪行為をやめることなのですが、

いかなる手を使ってでも、

詐欺で飯を食っていく姿勢を取り続けているので、

 

被害を受けた方達が、情報を出し合って、

これ以上、被害者を増やさないように協力し合いましょう。

という呼びかけをこちらのブログでしています。

 

ちなみに、現時点で、

 

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)がやっている新宿御苑近辺の

撮影スタジオはコチラです。

 

K STUDIO

k-studio.jp

 

スタジオは現在2つもしくは3つあります。

 

1つ目

k-studio.jp

 

2つ目

k-studio.jp

 

です。

 

もうひとつは閉鎖された可能性がありますが、

 

PHOTO BOX

photobox-shinjuku.com

 

です。

 

スタジオは

 

photobox-shinjuku.com

 

となっていて、予約が入っていないので、

閉鎖された可能性もあります。

 

また、これらのホームページですが、

会社の情報などが一切記載されていません?

 

何故でしょうか?

 

それは、これらのスタジオを経営しているのが、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)という

詐欺・横領などをはたらく人物だからです。

 

名前を出せないという事です。

そんな怪しい撮影スタジオだという事です。

 

 

ただし、ここでまた新たな詐欺行為を

はたらこうとしている可能性が高いので、

このスタジオを利用する事が危険です。

 

以前、スタジオの利用者が、

詐欺に遭いそうになっていたのを知っています。

その件で私も詐欺に遭いそうになったのですが。

 

そして、また別の観点から

1つ、注意していただきたいのは、

K STUDIOのスタジオ1の方なのですが、

このようなスタジオは以前ありませんでした。

 

もしかしたら、新たな被害者が、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)の口車に乗せられ、

物件を借りてしまった可能性があります。

 

ちなみに、筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)本人の名義では、

こういった物件は絶対に借りません。

 

借りられない可能性もありますが、

おそらく詐欺の為に借りないのだと思います。

 

また不動産関係(特に、新宿・新宿御苑まわり)の方にも、

注意していただきたいのは、それらの物件をこの、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)という人物に貸すという事は、

詐欺師に、犯罪行為をするための物件を

提供するという事を意味します。

 

新宿・新宿御苑で、

「撮影のスタジオ目的」「事務所目的」のような用途で

借りようとしている50~60歳の男性である際には、

「つつみ」「きょうせい」「つづみやすまさ」という

人物ではないか確認する事をおススメします。

 

本人名義ではなかったとしても、

ほぼ、物件を見に来たりする時は、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)がそこに現れるはずです。

 

また、現時点でも「ツツミ」「ツヅミ」と名乗る人間が、

不動産の物件の賃貸に関わる場合は、

 

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)

である可能性が高いです。

 

撮影関係の話であれば、

ほぼ間違いなく、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)

だと思います。

 

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)に、

どんな仕事でも仕事以外でも、

お金を渡すことはしないでください。

 

それが、犯罪の為の資金になる事を

理解していただければと思います。

 

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)は、

過去に億単位の詐欺事件で捕まっている人物です。

 

そして、再び大きな詐欺事件をはたらこうとしています。

とはいえ、活動する資金がなければ、

犯罪行為に手を染めることは難しいです。

 

仲間がいることも考えられますが、

まずは、筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)個人に、

お金がまわらないようにすることで、

犯罪を食い止める率はかなり上がるはずです。

 

結構、筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)の情報が、

こちらにたくさん集まるようにもなってきました。

 

 

詐欺の事件は警察を動かすことは難しいですけど、

同じ人間が加害者で、

相当数の被害者がいる事実があれば、

警察も動くはずです。

 

おそらく現時点でも、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)から被害を受けた人物は、

2桁は確実にいます。

 

3桁いるかは分からないですし、

そんなにいても警察が動かないのであれば、

もはや、この国は法治国家でもなんでもないと思います。

 

ただ、大事な事は、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)から被害を受けた人物達で、

被害者のネットワークをつくる事です。

そうすれば、さらに動き方も変わってきますし、

 

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)に

だまし取られたお金に関しても、

取り戻せる可能性が増えます。

 

なので、お互い持っている情報を

共有していけるようにできたらと思っていますので、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)から、

被害を受けた方は、情報提供他、

ご協力よろしくお願いします。

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)に関する被害などの情報について。

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)に関する被害などの情報について。

 

こんにちは。

 

どうやら予想していた以上に、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)の被害者が多い事が分かり、

さらに、警察への憤りが増してきていますが、

 

現時点では、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)から、

被害を受けている方達の書き込みは、

こちらで確認できます。

 

classaction-japan.com

 

一応、こちらの掲示板に何か書かれる方へ、

簡単ですが、「ここについては気を付けてくださいね。」

という事を私から申し上げますと、

 

1・嘘は絶対に書かないでください。

→反対に嘘をついた人が訴えられたり、逮捕される可能性があります。

 

2・実際に被害に遭って悔しい気持ちは分かりますが、

「〇〇してやるぞ!」とか「一生〇〇できなくしてやるぞ!」

というような感情的なコメントはなるべく控えてください。

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)は、

そういうコメントに対して、顧問弁護士を通じて圧力をかけてきます。

 

一応、こちらとしては正々堂々とやりあっても、

大丈夫なだけの根拠も証拠もあるので、

個人的に、筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)に対して、

何か制裁を加えようという気持ちはありません。

 

おそらく、被害者の方達も、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)が、

約束を守らなかったり、詐欺、横領、債務不履行などの類に関しての、

被害に対して、責任を取ればそれで良いのではないでしょうか。

 

もちろん、↑の掲示板を見る限り、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)の素性を知らない人間を、

ひっかけては、何度も繰り返し同じような手口で、

被害者が増えているように予想できるので、

 

なんとか食い止めたいとは思いますが、

もはや、警察が動く以外には手立てはありません。

個人的に動いても、

 

今度はコチラが加害者として扱われる可能性が高いですし、

すでに、以前そういう事が起こってしまったという情報もあります。

(詳しくは分かりませんが)

 

 

とにかく、筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)絡みの、

被害は拡大している事は事実だと考えてよいでしょう。

 

最近、情報を提供してくれる方も現れて、

連絡の取りようがないので、

 

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)の被害の情報などに関して

やり取りをするための連絡先を作りました。

 

tsutsumisagi2017☆yahoo.co.jp

 

です。

 

☆を@に変えてください。

 

一応、こちらのブログに関する、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)に関する記事は、

 

はてなブログさまから、

違法性阻却事由に該当しているので、

公表しても大丈夫という事になっています。

 

おかげさまで、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)から被害を受けている人達にも、

こちらからも情報をお伝えすることが出来ている事と、

被害者の方からも、こちらに情報を

伝えることができるようになっています。

 

実際、以前こちらのブログも、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)が、

顧問弁護士を通じて、

「プライバシーの侵害」「名誉棄損」で訴えるという、

書状が送られてきたりしました。

 

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)本人は、

契約書の約束も一切履行せず、

詐欺横領の事実を隠し、

被害に対しても、損害賠償する。

 

と、はっきり私の目の前で約束したにもかかわらず、

逃げ続けている割には、そういう事を公表されると、

 

「プライバシーの侵害」「名誉棄損」で訴える

 

などと、顧問弁護士を通じて何か手紙を送ってきます。

そういう人物だという事です。

 

何故、ここをしつこく書くかと言うと、

 

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)の手口

 

1・何か詐欺・横領・債務不履行的な事をして人から金を巻き上げる

 

2・事件が発覚すると、「後は顧問弁護士へ」と逃げる。

 

この手口です。

 

さらには、基本的に一般人は法律的な事など詳しくないので、

 

3・逆に筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)の顧問弁護士を通じて、

訳の分からない手紙が送り付けられてくる。

 

正直なところ、法的に問題のない事をしているかもしれませんが、

非常にこちらの感情を逆なでしてくるやり方である事は間違いありません。

 

ただ、予想できるのは、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)が、

その顧問弁護士に噓の情報を伝えて、

「自分は被害者だ。」

 

と言い張っている可能性は高いです。

 

なので、筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)の悪事を止めるには、

警察に動いてもらうしか方法はありません。

 

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)は、

以前の逮捕歴の関係からか、

非常に警察に動かれるのを嫌がっています。

 

ただし、警察も詐欺事件は実態が見えないので、

動きづらいご様子で、

もしも、警察が動くとしたら、

被害者が相当数いる事だと思います。

 

なので、被害を受けた方は、

声をあげる事は非常に重要です。

(ですが、事実だけを。感情的になると相手の思うつぼです。)

 

現時点で、1人で被害を受けたと悩むよりも、

掲示板で、

 

「多くの人が筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)から

 被害を受けているんだな。」

 

と分かった事でも、

多少、どう対処すれば良いかも見えてくると思います。

 

特に、法律に詳しくない方は、

 

なぜか、被害を受けたこちら側に、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)の顧問弁護士を通じて、

手紙が送られてきて、驚く方もいると思いますが、

気にする必要はないです。

 

訴えたければ、訴えれば良いと思います。

ちなみに、私は筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)の顧問弁護士が送ってきた手紙に、

 

このブログの記事を削除しないと、

「プライバシーの侵害」「名誉棄損」で訴訟することを検討している。

 

と書かれていましたが、

訴えられていません。

もちろん訴えたら、反訴してこちらが勝つだけです。

 

もうすでに、私以外にも、

多くの被害者がいる事もよく分かりましたし、

さらに、こつらが訴えられて負けるなどと言う事はありません。

 

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)が、

すべきことはただひとつで、

 

被害者に謝罪して、

約束した金を支払え。

 

という事です。

 

それをしないで、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)が、

何を言おうと無駄です。

 

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)さん、

 

あなたが、迷惑をかけ、

被害を与えた人たちに、

口だけではなく、

しっかり責任を取ってください。

 

こちらから、

筒見京生(鼓恭正・堤恭正・kyosei)氏に、

要求する事はそれだけです。

堤恭正(本名鼓恭正・そのほかkyosei・筒見など名乗る)の情報を知っている方、ご連絡いただけると嬉しいです。

堤恭正(本名鼓恭正・そのほかkyosei・筒見など名乗る)

情報を知っている方、ご連絡いただけると嬉しいです。

 

なかなか訴訟を起こすのって大変ですね。。。

だから詐欺師って、あんなにたくさん悪事を働いても

のうのうと生きてられるんだなーと。

 

ただ、絶対に訴訟は起こして見せますけどね。

訴えれば100%勝てる内容なので。

なんつっても払うって言った金

払いに来ないっていう証拠があるので。

 

そして「こういう場合は損害賠償請求できる」って

自分で書いておいて、

逃げ続けてるし。

 

まあ、被害についてはここで書かないで、

訴状にびっしり書くことにしまして、

 

最近、

この掲示板を見ると、

どうやら、私以外にもだいぶ

被害者がいるみたいですね。

 

classaction-japan.com

この↑の掲示板に被害者の方からの書き込みがあります。

まだ分かりませんが、結構いますね。

 

この他にもいるかもしれませんし。

 

もうこの時点で、複数被害者がいるのに、

警察が積極的に動かないっていうのは

どういうことなのでしょうか。

 

ある意味勉強になりました。

こんなに大勢の人達の事をしても、

警察って動きすらしないんだなって事が。

 

それじゃ、詐欺とか

やりたい放題ですよね?

日本の警察さま。

 

車のスピード違反だとか、

右折禁止とか、一時停止とかは、

ある意味すげー人数割いて、

 

小銭稼ぎか何か分からないけど、

あんなに一生懸命するくせに、

 

こっちは実際の被害を受けてるのに、

実際に動かないっていう。

 

これ、警察が一発動いて捜査してくれれば、

こんな真っ黒い人間、

いくらでも起訴できると思うし、

そういう事をしないから、

 

また新たに被害者が

増えてると思いますよ。

それって警察の怠惰と

思うんですけどね。

 

まあ、警察には期待はしませんが、

他の被害者の皆様に呼びかけたいのは、

 

情報の共有を

しませんか?

 

って事です。

 

相変わらず、顧問弁護士を

雇い続けているのか

どうかも知りたいですし、

 

何か些細な事でも、

情報を共有するだけで、

 

この堤恭正(本名鼓恭正・そのほかkyosei・筒見など名乗る)が、

どういう動きをしているのか、

さらにまた何かやろうとしているのかなど、

 

警戒する事は可能だと思います。

本当に、これ以上被害者は

増やしたくありません。

 

だけど、まだ危険な状態は

続いているという事ですからね。

 

何故、こんなに被害者が

多いというのに、

弁護士がかばってるのかも

理解が出来ません。

 

そんなに、弁護士って金さえもらえれば、

悪人が勝って、騙された側が負けるような事を

平気でするのかってのが

本当に凄いなって思います。

 

人間としてよくできるなーそんな事。っていう。

 

だって、それって違法行為の

後ろ盾をしてるのと

同じじゃないですか。

 

弁護士って正義なのかと

思ってましたが、

かなりグレーっていうか

黒っぽい職業なんですね。

 

今回の一件で、

そこはよく勉強になりました。

 

 

-----------------------------------------

↑の掲示板に投稿している

堤恭正(本名鼓恭正・そのほかkyosei・筒見など名乗る)の被害者の皆様、

 

もし、このブログの記事読んだら、

メッセージいただけないでしょうか?

 

情報交換などできたら嬉しいです。

ある問題が解決せず難航中。その間に堤恭正は。。。

[堤恭正問題]ある問題が解決せず難航中。その間に堤恭正は。。。

訴えるのは簡単なのですが、
ある1つの「証明するための書類」が用意できず、
訴える前で止まっていましたが、そろそろその書類も用意できることになりました。

それは「ある事を具体的に証明」できないと、
いくら訴えたところで、何が起こる訳でもないからです。

そして、時間が経ったことが良かったのか悪かったのか分かりませんが、
ある掲示板にこのような書き込みがありました。


現在、堤恭正(本名:鼓恭正)は、


筒見京生

 

に名前を変えている。

 

という事みたいです。

 

もちろん、「堤恭正(Kyosei)」という名前では

詐欺・横領行為をはたらいたり、

その掲示板では、カメラマンを雇っても

ギャラを支払わないというような事も書かれていましたので、

 

まあそちらも詐欺みたいなのですし、

 

本名の鼓恭正という名では、

犯罪行為を行い前科がある事もはっきりしていますので、

 

こうやって名前を変えては、

何も知らない人間達を騙して

生き延びていくという手口なのでしょう。

 

個人的にはこの現:筒見京生(Kyosei)よりも、

この悪徳カメラマンをかばう顧問弁護士が腹立たしくてしょうがありません。

 

この顧問弁護士自身、電話口で「彼はお金を使い込んだと思いますよ。」

と言っておきながらそのままなにもなかったかのように、

有耶無耶にするという

 

正直なところ、この弁護士というか会社自体も、

現:筒見京生(Kyosei)とグルになってるようにしか思えません。

 

まあ、私かその他誰かから詐欺・横領で得た金が、

この弁護士の顧問料にまわっているので、

 

間接的には、この弁護士たちも

加担しているようなものだと思いますけどね。

 

よく「弁護士もヤクザも大差ない」

と書かれている人がいますが、

 

その意味が今回の一件でよく分かりました。

別に

 

弁護士 = 正義

ではなく、

 

弁護士 = 金くれる人の味方。

 

そして、その金は犯罪で得た金でも別に関係ない。

 

って事ですね。

 

他の国はどうなっているのか知りませんが、

 

少なくとも、日本は、被害者よりも

加害者に優しいルールになっています。

 

特に、

 

詐欺関係は。

 

みなさんも、

くれぐれも詐欺師には注意してください。

 

あっ、そういえば現:筒見京生(Kyosei)のサイトから

モデル関係の事業が消えていましたね。

 

そして、現在はドローン?の撮影か何かをはじめたようです。

 

それよりも、騙して得たお金ぐらい返したらどうでしょうか?

こちらには、現:筒見京生(Kyosei)の肉声で、

 

「被害のお金はすべて責任をもって支払いますので。」

(コチラの証拠の音声もしっかり押さえてありますので。)

 

と言っておいて結局は連絡なし。

逆に脅迫めいた書類は弁護士を通じて届きましたが。

 

まあ、それらすべての証拠を揃えたら、

正式に訴訟を起こしますので、

 

鼓恭正さん、その時は

どうぞよろしくお願いします。

堤恭正(本名:鼓恭正)に対して訴訟を起こすので、多少お休みします。

[号外]堤恭正(本名:鼓恭正)に対して訴訟を起こすので、多少お休みします。

 

こんにちは。ブラフマンです。

 

ちょっと出かけたりしていたので、

なかなかブログが

書けませんでしたが、

 

ちょっとブログの記事ですが、

当分書けるか分からないので、

お休みします。的な記事です。

 

例の詐欺・横領等の件で

堤恭正(kyosei・鼓恭正)に対する

訴訟の準備を

来週から始めますので、

ちょっとそっちの事ばかりやると思うので、

ブログはとりあえずお休み、

 

もしくは時間があれば、

別の件などの記事を

書いて行こうかなと思ってます。

(読者の方からの相談なども頂いているので、

そちらについての記事を書こうかなと。)

 

実際は、ふつーに話し合いで解決すれば

良かったとは個人的には思いますが、

 

いきなりとってつけたように

顧問弁護士使ってきたり、

(弁護士からも被害回復に関する連絡来ないし。)

 

携帯電話解約して、

連絡取れないようにしてみたりなど、

 

悪質極まりないので、

こちらとしては、

 

もう法的な手段を取るしか

選択肢がなくなりました。

 

それと、しつこいですけど

この件で、日本の「法律というルール」は、

 

どれだけ加害者に優しいのか?

それともきびしいのか?

 

どれだけ被害者に優しいのか?

それともきびしいのか?

 

ここに関して、

実際自分が体験する事で、

よりそのあたりのことを、

正確にお伝えする事が

出来ると思うので、

 

しっかりこの件に関しては、

最後まで降り遂げたいと思います。

 

では、多少こちらのブログは

お休みさせていただきます。

 

訴訟の手続きが終わり、

時間が出来たら、再開します。

 

くれぐれも詐欺師の手口には、

皆さんもお気を付けください。

(とにかく目の前の相手の素性を明らかにして

やり取りをする事をオススメします。

結局は見ず知らずの人物なのですから。)

 

では。

詐欺の手口編① 撮影スタジオ経営詐欺ばなし

[某詐欺師との対峙]詐欺の手口編① 撮影スタジオ経営詐欺ばなし

 

こんにちは。ブラフマンです。

 

前回は「違法性阻却事由」のお話をしましたが、

それによって、こちらのブログで書いている

「堤恭正(kyosei・本名:鼓恭正)」が、

行っている数々の不法行為についての記事を

削除しなくてよくなりました。

 

現在、こちらは

堤恭正(kyosei・本名:鼓恭正)を、

 

詐欺・横領・債務不履行・脅迫などで、

訴訟を起こす準備をはじめています。

 

で、詐欺師のよくやる手口

「電話がつながらなくなった」

 

の次は、こちらのブログ消さなくてよくなったので、

 

堤恭正(kyosei・本名:鼓恭正)本人が

やっているのかどうかは分かりませんが、

急に「堤恭正さんはカメラマンとして凄い」的な

またお得意の偽名のモデルブログなどを書いて、

 

こちらのブログや被害のネタが「堤恭正」と検索しても、

1ページ目に出てこないように、

いろいろ頑張り始めたみたいですね。(笑)

 

まず、モデルブログ1つとってみても、

そんなモデル絶対に実在しません。

 

「おいおい、そんな事言っちゃって大丈夫か?」

 

って思われるかもしませんが、

絶対に存在しません。

 

ブログ見れば分かります。

モデルだったらあんなブログの書き方しないので。(笑)

 

つまり

 

堤恭正(kyosei・本名:鼓恭正)という人物は

そういう人物だという事です。

別に過去に犯罪を犯したとしても、

たしかに更生されたのであれば問題はないであろうし、

その事実を今掘り返すことは、よろしくないと思います。

 

ですが、

 

「更生されずに、昔以上に悪事をはたらくような人物だとしたら。」

 

と考えると、

とんでもない話になる訳ですね。

 

だってもしこれが「殺人」で

考えてみてください。

 

まだ更生されていない殺人犯が、

世に野放しされているのと

変わらない状況なのですから。

 

過去の話の詳細は分かりませんが、

今回、

 

堤恭正(kyosei・本名:鼓恭正)は、

 

プロカメラマンだの、

プロデューサーだのと、

撮影スタジオ経営者だのと、

 

名乗っては、

詐欺・横領といった不法行為をはたらき、

 

何か事があれば、

暴力団などという反社会勢力によって、

脅しをかける的な話をし、

 

最終的には、

なぜ、こういうことに

弁護士が加担するのか分かりませんが、

顧問弁護士なる存在が、

 

この犯罪行為の隠ぺい工作を手伝うのかが、

いまだに私には理解できませんが、

 

とにかく、最初から最後まで、

悪質なやり口なので、

本当に気を付けてもらいたいです。

 

これは訴訟を起こして、

調査してみないと分かりませんが、

私にあわてて返済した金額も、

誰かからだまし取った

お金ではないかと思っています。

 

要は、詐欺師のやる

 

「次から次へと金をだまし取って

 まわしている自転車操業的手口」

 

でしょうからね。

 

なので、「堤恭正」と検索すると、

これらの悪事のネタが出てしまう事が嫌なので、

 

自分でブログでも書きだしたのでしょう。

 

だけど、その効果も数日で終わると思います。

 

なぜなら、自分で書いている偽名のブログなど、

続けて書いていられないからです。

 

それは見ていれば分かりますし、

結局はそういう行為をしている事も、

 

やましい事を隠蔽している

証拠の1つとして増えるだけなので、

こちらが訴訟を起こした際に、

さらに有利に進めてくれる事実を私に

プレゼントしてくれたにすぎないので、

 

堤恭正(kyosei・本名:鼓恭正)には、

そういった隠ぺい工作活動を

頑張っていただければと思います。

 

まあ、今となっては、

堤恭正(kyosei・本名:鼓恭正)は、

 

悪事の1つや2つが増えたところで、

もう関係ないのでしょうけどね。

 

おそらく、今金をだまし取っているであろう

人物や企業に、

 

これらの事実がバレることを、

1日でも先延ばししたいと思っているのでしょうね。

 

まあ、急に増えだした

「堤恭正さんスゴイ系ブログ」

からしても、

 

なんかを隠蔽しないと、

問題がある事が

これではっきりしたようなものなので、

 

どうにかして、現在の被害者の方達に、

この事実が伝わる事を祈るしかこちらはありません。

 

まあ、私がこの、

堤恭正(kyosei・本名:鼓恭正)に

いろいろと騙された事実は、

 

まだまだいくらでも書けるので、

事実をここに書いていくだけでございます。

 

さて、今回は、出会い編から

 

「詐欺の手口編」に移行です。

 

[某詐欺師との対峙]詐欺の手口編① 撮影スタジオ経営詐欺ばなし

 

まあ、堤恭正(kyosei・本名:鼓恭正)を、

私が「詐欺師」と呼んでいる理由にはいくつかありますが、

 

「騙す」という行為を

あの手この手で頻繁に繰り返しているから。

 

という理由が一番です。

 

1回ぐらいでは、別にこちらも

詐欺師とか呼びませんので。

この2ヶ月で細かいのも足していけば、

20,30ぐらい騙されてます。

 

なのでもうこういう人物を、

詐欺師以外にどう呼んでよいのかが分かりません。

 

そのあたりも出来る限り

具体的に書いていくつもりですが、

 

今回はそのはじめのあたりですね。

もうはじめの方の話が懐かしくなってきていますが、

 

まず、この

 

堤恭正(kyosei・本名:鼓恭正)

 

は、私に「撮影スタジオの共同経営」の話を持ち出したのですが、

 

今思うと、人を疑うという姿勢で臨めば、

こんなに騙される事もなかったでしょうね。

 

だけど、当時「目の前に詐欺師がいる」なんて

思ってはいないですから、

私が無知な部分が多くて、

理解しづらいだけだろうという思いが強かったです。

 

ただ、今は、

 

「この発言が詐欺」

 

「あの発言が詐欺」

 

っていうことが分かりますけどね。

 

まず、今考えると、

 

投資の金額についても、

堤恭正(kyosei・本名:鼓恭正)の、

やり口みたいなものが見え隠れする訳ですが、

 

あの例のグッドエンジェルという

マッチングサイト上では、

 

100万円とか150万円と書いてあったのですが、

 

結局は、

 

250万円だの300万円だのと引き上げてくる訳です。

まあこのくらいは、

営業マンもよくやる手口だから、

これを詐欺というのは言いすぎですけど、

 

この

堤恭正(kyosei・本名:鼓恭正)は、

詐欺・横領が狙いなので、

 

ここの部分が、結構問題なんです。

 

しかも今となっては、

「他人の名義で物件を借りる」という、

何かあった時には、

自分に足がつかないような手口も兼ねているので、

非常に悪質だと思います。

 

そして、投資する側は、

この撮影スタジオの「敷金」的な

金額を投資させられます。

 

そうすると、

堤恭正(kyosei・本名:鼓恭正)の言い分としては、

 

「解約するときに金が返って来るので、

このお金は投資額にはならない。」

 

というような事を言ってきます。

 

普通、「共同経営」という場合では、

そして「50%ずつの出資」ということであれば、

 

たとえば300万円であれば、

150万円ずつ出して、

 

その使い方については、

お互いの協議の上で決めるのが

やはり普通と考えてよいでしょう。

 

ですが、

 

この堤恭正(kyosei・本名:鼓恭正)は、

このあたりについて、

いろいろとごまかして、

 

お金を横領して、

自分の生活などの為に使いたい訳ですから、

なんか良くわからない堤恭正ロジックを使って、

こちらがよく分からないような話に

仕立て上げてくる訳ですね。

 

この1発目の話でも、

この「共同経営」という言葉が

分かりづらい訳ですね。

 

調べると「投資」「融資」「出資」など

良くわからないというか、

いかにも

お金を振り込む側よりも、

振り込まれる側の方が、

後々トラブルが生じた時に、

逃げやすいルールになっているような

印象を受けます。

 

だから、こういった話で、

いろいろな詐欺の事件が

起こるのだと思いますが。

 

まあ、今となっては

バカだったとしか思えませんが、

 

この

堤恭正(kyosei・本名:鼓恭正)自身が、

 

「私は何も隠し事もしないし、すべてクリアにやります。」

 

みたいなことばかり言ってくることに、


「本当にそうなのかなぁ。。。

 まあ詐欺師じゃあるまいし、

 そこまで変な事はしないだろう。。。」

 

というまさに「だろう運転」的

判断をしてしまったんですね。

 

蓋を開けてみれば、

まともに領収書の1枚も、

出してこないし、

毎月の報告の義務も、

有耶無耶にして逃げ、

 

挙句の果てには、

てきとーに終わらせて、

後は顧問弁護士に丸投げ。

 

っていう散々な結果になっていますので。。。


で、結局この撮影スタジオ経営ばなしは、
なんとか回避できる方向に

一度は進みましたが、


堤恭正(kyosei・本名:鼓恭正)は、


自分で使える金が欲しい訳ですから、

ここから、いろいろとウソの案件を

出してくる訳です。

 

その話は、

次回にしたいと思います。

 

ということで今回はこの辺で。

 

では。